車修理・板金塗装はガレージネット
当店へのお問合せ
当店へのお問合せ
写メで簡単見積り 詳細はコチラ

地域ニュース問合せはコチラから


リリースニュース11

東京エリア地域ニュース

運転中の着信に備えてiPhoneをハンズフリーライクに使うには?


1999年の道路交通法改正により、クルマを運転中の携帯電話使用について罰則が設けられた。
通話のために使用することはもちろん、画面に表示された画像やテキストを注視することが禁止され、違反し事故を起こすなど危険を生じさせた場合3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金だ。2004年以降は交通反則通告制度の対象となり、事故を起こさなくても違反点数と反則金(普通・二輪車は6,000円)が課されることとなった。

クルマを運転しているときiPhoneに着信があった場合、ハンズフリー装置(ヘッドセット)を利用すると違反にならないとされるが、東京都や神奈川県など一部の都道府県では条例によってヘッドセットの使用が禁止されているので注意しよう。

iPhoneの場合、内蔵スピーカーを使えば手に持つことなく通話することが可能だ。通話を開始/終了するとき画面を見て操作するため、タイミングによっては条例違反になるだろう、赤信号で停止しているときワンタップで内蔵スピーカーによる通話を開始できれば、違反にならないとも解釈できる。

運転中の着信に備えるには、『設定』のアクセシビリティ画面で「スピーカー」を選択しておくといい。これで、iPhoneに着信があったとき、はじめから内蔵スピーカーが利用されるのでほぼハンズフリーで通話できる。アクセシビリティの画面はSiriに「アクセシビリティの画面を開いて」と話しかければすぐに表示されるので、運転開始前に設定を変更しておくといいだろう。

マイナビニュース より抜粋

ここまで進化した最新キャンピングカー5台


レジャーシーズン到来ですね。2014年7月5日・6日には、軽キャンピングカー、ハイエースキャンピングカーをはじめ、バンコン、バスコン 、トレーラーなどを一同に展示。キャンピングカーパーツの即売、車中泊など大人気!「東京キャンピングカーショー2014」が開催されます。
1000万円の家を購入するよりも、最新のキャンピングカーを買った方が快適かつ楽しく過ごせそうといった声も多く聞かれます。夏のアウトドアに向けて、またはキャンピングカー生活をお考えの方に最新のキャンピングカーをご紹介します。

●アールブイビックフット/A.C.Sエテルノオクタービア
特長は、リアにある常設ベッド。大人がゆったりとくつろげる大型サイズは、1820mm×1650mm(最大) になります。また、ベッド下は大型収納庫になっております。乗車人数は7人、就寝人数は4人とご家族やご夫婦で楽しむには最適なモデル。室内空間の広さと走行時の安定性は業界トップクラス。何よりもうれいしのは、バスですが普通免許で運転可能。クルマの屋根には太陽光発電システムを搭載。IH調理器を導入し、ガスいらずで料理ができます。

●オートワン/給電くんポップアップルーフ
人気の給電くんがさらにパワーアップ!給電くんの機能そのまま、4人乗れて、4人で就寝することも可能!軽自動車とは思えない居住空間。 薄型の40Wソーラーパネル標準装備、オプションも充実。子レンジやドライヤーなどの大型家電が使え災害時でも使えると大好評です。

●インディアナRV/エメロード 376
次世代キャンピングトレーラーとして人気の高い逸品。トレーラーは自家用車に“繋げて引っ張る”形式のもので、休日には街を疾走していますね。エメロード 376は、日本独自の使用環境を鑑み、レジャーはもちろん、災害などの非常時の滞在も可能。ソーラーパネルを採用してキャンピングエコとなりました。

●ナッツ/トライアルA
定員は10名。長期休暇が取れるなら大勢で日本中をキャンピングカーで旅行し、日本を満喫したいと考えている人はぜひこのクルマをおすすめします。

●コムパスRV/タイムマシン
クルマのネーミングが実に夢がありますね。実際のクルマは最新のデザインコンセプトに基づいたスーパーロングキャンパー専用車です。ワイドボディやスーパールーフの取付けにより完全体のタイムマシン・ループへと進化します。

clicccar より抜粋

クルマとヒトの次世代認証基盤、ユビキタスとサイバートラストが示す未来


株式会社ユビキタスとサイバートラスト株式会社は13日、スマートフォンと自動車に搭載された車載機にデバイス証明書と生体認証技術を適用することで、ドライバー個人を認証可能にする「ドライバーズ認証ソリューション」のプロトタイプを開発した発表した。

現在、自動車のドライバーの特定は本人申告や対面確認以外に証明する手段がなく、実際は車検証や自動車保険証書を用いて車両の所有者ベースで特定する方法が主流だ。しかし今後、自動車がネットワークに接続され、さまざまなサービスや高度運転者アシスト(ADAS)などを利用したスマートカーの普及が予測されており、ドライバー個人にひもづくセキュリティや認証技術が不可欠となる。

今回の「ドライバーズ認証ソリューション」はスマートフォン上で、サイバートラストの端末認証サービス「サイバートラスト デバイスID」と東芝ソリューションの高度な生体認証技術「ACBio」を利用することで、安全・確実にドライバー本人の認証(本人、時間、場所)を可能にした。
さらにルネサス製の車載情報端末向けの高機能SoC(システムオンチップ)「R-Car M2」に車体固有のデバイス証明書を組み込み、これらを結びつけることで運転中のドライバーと自動車の状態をひもづけて証明することも可能に。ドライバーのなりすまし防止やパスワードを使わない確実な認証を実現するという。
スマートフォンと、将来実装が予測されるドア用指紋認証センサー、運転席用シートセンサー、運転席用顔認証センサー、ハンドル用静脈認証センサーなどを組み合わせて、自動車におけるさまざまな付加価値が想定される。

両社は「自動車・ドライバー・サービス事業者が安心・安全にさまざまなサービスや機能を利用できる次世代認証プラットフォームとして開発を継続。解錠からエンジンスタート、運転時のドライバーズ認証、ドライバーズ支援システムとの連携、および下車時の証明など、ドライバー個人の認証が可能なシステムとして実用化を目指す」とコメント。
将来的には、車両制御情報のリアルタイム収集システムなどと組み合わせた新サービスも想定し、たとえば、「特定されたドライバーの乗車前・乗車中・乗車後の挙動データと自動車の実走データを収集・分析し、ドライバーに合わせてカスタマイズされた自動車保険のダイナミックプライシング」、「安全性に配慮したスマートフォンサービス連携、高度な遠隔コントロール、自動車の盗難防止、セキュリティ対策」、「業務用車両の運行管理・安全管理」などの実現を目指すとした。
なお、2014年5月14日〜16日に東京ビッグサイトにて開催される 「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」 ユビキタス社ブースにおいてコンセプトデモを展示する予定。

Impress Watch より抜粋

地域ニューストップへ戻る »

車修理・板金塗装はガレージネットへ
激安!板金塗装|安全修理|キャッシュバックお電話でのお問合せメールでのお問合せ簡単!写メお見積り

このページのトップへ